未分類

スムースビップって害はあるの?リキッド成分や未成年・妊婦の使用について解説!

今VAPEを始め、電子タバコを始め、今までのシガレット、紙巻きたばこの代用品が沢山出てきます。

今回注目したいのは、スムースビップ(スムーズビップ)!ニコチンやタールが含まれていないので全くの無害という風に言われていますが、実際はどうなのでしょうか…?

スムーズビップは本当に無害なの?

無害と言われるスムースビップですが、見た感じは煙を吸っている時点で限りなく煙草っぽいです…。

「煙草の害が怖い」と思っている人にとっては、副流煙問題も含めてやはり怖いですよね…。

本当にスムースビップは無害といい切れるような代物なのでしょうか…?

いわゆる加熱式タバコ・電子タバコとはぜんぜん違う

見かけなどから、スムースビップはアイコス等の電子タバコと同様のものに見えてしまうという問題がありますが、実際のところ仕組みのレベルから根本的に違います。

スムースビップは、「リキッド」と呼ばれる液体を加熱して、発生した蒸気を吸う電子タバコVAPEの一種で、ニコチン・タールなどの有害物質は含まれておりません。

海外ではセレブが愛用するなど爆発的に普及していますが、スムースビップは日本のメーカーが発売した、比較的新しい製品です。

その吸っている姿は、遠くから見れば従来のタバコと、近くから見れば最近普及が進んだ加熱式タバコと、それぞれ良く似ています。

これら先行するアイテムとの違いを見ていく事で、スムースビップの正体と安全性に迫りましょう。

スムースビップとタバコの違い

スムースビップには、有害物質であるニコチンやタールが一切含まれていません。

加えて火を使わないので、極めて安全な製品です。

しかも発生するのはアロマを含んだ蒸気であり、煙ではありません。

ですので健康面だけで無く、ニオイなど、周囲に与える不快感もはるかに少なくなっています。

スムースビップと加熱式タバコの違い

タバコの代替品として、あるいは段階的な禁煙補助グッズとして人気の加熱式タバコ。

見た目はVAPEと似ていますが、結局はタバコから出た成分を吸っている事に変わりありません。

少量とは言え有害物質を含んでいて、しっかりタバコのニオイもします。

一方、スムースビップはニコチン・フリーであり、依存性がありません。

そのため、スムースビップはタバコの代替品や、禁煙グッズとしても優れています。

スムースビップの安全性について

とは言っても、「口に入れて吸う」という性質上、害がないといわれても心配になるのは、「リキッドや本体は安全なの…?加熱して使うものだけれど、プラスチック部品から発がん性物質が出たりしないの…?」といったことだと思います。

タバコとしての害はなくとも、その他の部分でスムースビップは害はないのでしょうか…?

スムースビップは厳格な安全基準を設けている

リキッドに関してですが、こちらはデュラスモーク社製のリキッドを使っています。

デュラスモーク社はアメリカの大手メーカーで、非常に厳格な安全基準を敷いていることで有名です。

また筐体(吸う本体)に関しても、衛生管理などを徹底し、吸口や金属部分も熱で溶けたり、使用を続けることで摩耗したりして人体に吸収されないような素材が選ばれているようです。

紙タバコに含まれている物質が何百ものニコチン・タール以外の有害物質を含むことは非常に有名ですが、それと比べるとスムースビップは健康面、安全面でも非常に信頼がおけると言って差し支えないでしょう。

ただ、基本的に口につけるものなので、食品系と同じく定期的な部品交換や、拭いたり分解してメンテしたりして清潔さを自主的に保つ必要は当然ありますね。

リキッドの成分を理解する

スムースビップには、ニコチンやタールが含まれていません。

しかし、世の中に有害物質はこの2つだけではありませんよね?

スムースビップのリキッドの主成分は、植物グリセリンとプロピレングリコールと言う物質です。

これら2つの安全性について検討してみましょう。

植物グリセリンはありふれた物質

植物グリセリンは、パームオイルなどの植物性油脂から合成され、保湿剤として医薬品や化粧品などの日用品に広く用いられています。

食品添加物としても利用される事が多いので、基本的に安全性は高いものと考えられています。

もちろん一度に大量摂取すれば急性中毒を起こす可能性はありますが、大人なら2リットルのペットボトルで一気飲みでもしない限り大丈夫です。

プロピレングリコールは万能選手

プロピレングリコールも、グリセリン同様保湿剤として利用されるほか、防かび性もあることから食品にも添加されています。

植物グリセリンはリキッドの成分として高い性能を誇っていますが、粘り気があるため、詰まりの原因になりがちです。

プロピレングリコールは、そんな植物グリセリンを希釈し、扱いやすくする役割も担っています。

スムースビップは未成年でも吸えるの?

今までの説明では、スムースビップは「ニコチンタールの含まれるタバコでもなく、水蒸気」という風になります。

なので「じゃあ水じゃん、子供でも吸って良いことだよね」となりそうですが、こちらはいかがでしょうか?

未成年への販売は自発的に自粛されている

上に書いたことは確かで、タバコの定義を満たさない限りは、基本的に未成年が吸っても法的に問題は無いです。

ただ一方スムースビップは世界的には未成年者の販売を自粛しています。

これにはやはり「見た目が限りなくタバコっぽい」という倫理的道徳的弊害や、スムースビップを吸う行為がタバコに手を出すスプリングボードになってしまうんじゃないかというような懸念があるようです。

なので原則的にスムースビップは、未成年者(20歳未満)への販売を行っていません。

確かにこれが流行って、学校や道端で制服姿の子どもたちがこれをふかしているのはなにか問題のある光景のような感じがしますね。

スムースビップは妊婦でも吸えるの?

基本的に妊婦の喫煙はさまざまなリスクがあるため良いとはされていませんが、害がほとんどないスムースビップを吸うことはどうなのでしょうか?

答えから申し上げると「かかりつけの医師に相談してから使用すること」です。

スムースビップだけでなく電子タバコは全般、赤ちゃんへの影響が100%無いとは言い切れないのが現状なので、医師に相談してから使用するようにしましょう。

ただ、喫煙者の女性が妊娠したときに、無理に禁煙をしてストレスをためるより、スムースビップなどの電子タバコで気を紛らわせるのは効果的だと思います。

まとめ

基本的にスムースビップは、見た目は電子タバコや加熱式タバコと言われるものに近いですが、内容は単なる水蒸気なのでそれらとは全く違い、有害性も100%とはいい難いにせよほぼ無いものと考えていいでしょう。

ただ、上述したとおりそれらの違いはまだまだ広まっておらず、副流煙を嫌がるひともたくさんいるでしょう。

その点でタバコと同じではなくとも、それ同様のエチケットを求められることも少なくないと思います。

そういったことも意識しながら使えば、タバコの健康被害を回避する意味でも、タバコや加熱式タバコから乗り換える価値は充分あると思います。

「吸うアロマ」で新感覚リラックス体験


「吸うアロマ」で新感覚のリラックス体験!
ニコチン0・タール0だからタバコを吸わないあなたにもオススメ!
WEB限定スターターセットが今なら30%OFFで購入できるチャンス!

今すぐ購入する